戦闘機、戦闘攻撃機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
チャンス・ヴォート・エアクラフト社(現トライアンフ・エアロストラクチャーズ社ヴォート・エアクラフト部門)製 初飛行:1955年3月25日(XF8U-1) 退役日:1980年代 F-8Eデータ=全幅:10.72m 全長:16.61m 全高:4.80m 翼面積:32.52u 空虚運用重量:9,040s 最大離陸重量(外部搭載品付き):15,400s パワープラント:定格推力80.05kNのプラット&ホイットニー製J57-P-20Aターボジェット・エンジン1基 最大速度(12,192m、外部搭載品なし):1,802q/h 制限マッハ数:約1.8 高度17,400mへの上昇時間:6分 実用上昇限度:17,680m 航続距離:1,609q 兵装:機関砲:Mk. 12 Mod. 0 20o機関砲4門(携行弾薬各144発) 空対空ミサイル:AIM-9サイドワインダー 精密誘導兵器(PGM):AGM-12A/Bブルパップ 無誘導弾薬:M65A1 1000lb(453s)爆弾2発、500lb(226s)爆弾8発または250lb(113s)爆弾12発、127oズーニ自由飛翔空対空ロケット(FFAR)8発 乗員:1名(TF-8Aは2名)
※社内呼称モデル383(V-383)
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりF8UはF-8になる
↑第211戦闘飛行隊(VF-211)“ファイティング・チェックメイツ”所属F-8E
↑San Diego (Dec. 27, 2005) - Crane riggers from the U.S. Navy Public Works Center (PWC) guide a F-8K Crusader aircraft onto a floating barge for delivery to USS Midway (CV-41) museum in downtown San Diego. For over 30 years, the F-8 Crusader served the U.S. Navy and Marine Corps as a front-line fighter and photo reconnaissance aircraft. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 1st Class Michael R. McCormick. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No. 機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
XF8U-1 138899〜138901 ◎3機 138901はキャンセル 138899はスミソニアン協会に寄贈されメリーランド州SuitlandのSilver Hill facilityにて保管。現在はシアトルの飛行博物館のレストア施設にある
◎138900は460回飛行したのちにスクラップ
F8U-1 140444〜140448 ◎5機 1962年以降の名称はF-8A。140447、140448はXF8U-2に改造 140444は1956年2月1日にエドワーズ空軍基地北方にて墜落。乗員(テスト・パイロット)は死亡
145357は1961年10月21日に攻撃航空母艦フランクリン D. ルーズヴェルト Franklin D. Roosevelt(CVA-42)への着艦中、アレステイング・フックの破損により墜落(VF-11所属機)。パイロットは脱出
F8U-1 141336〜141363 ◎28機 1962年以降の名称はF-8A。141351はDF-8Fに改造。141354は1956年12月10日にNACAに移管(〜1959年2月5日)。141363はF8U-1Pとして完成
F8U-1 142408〜142415 ◎8機 1962年以降の名称はF-8A
F8U-1 143677〜143821 ◎145機 1962年以降の名称はF-8A。143693、143730、143732、143738、143793、143814はDF-8Fに改造。143710はF8U-1Tとして完成。143711はDF-8Aに改造
F8U-1 144427〜144606 ◎180機 1962年以降の名称はF-8A。144427は1963年にDF-8Fに改造。144443、144449、144456は後にDF-8Fに改造。144462〜144606はキャンセル
F8U-1P 144607〜144625 ◎19機 1962年以降の名称はRF-8A。144607は空軍フライト・テスト・センターに移管。144608はRF-8Gに改造 ◎144617(c/n 5533)
F8U-1 145318〜145415 ◎98機 1962年以降の名称はF-8A。145319はDF-8Fに改造。145382はDF-8Dに改造。145385はNASAに移管(NASA 816)
F8U-1E 145416〜145545 ◎130機 1962年以降の名称はF-8B。145450、145498、145527、145528はDF-8Lに改造。145527は後にThunderbird Aviationにより再生され民間登録No. N37TBを割り当てられる
F8U-2 145546〜145603 ◎58機 1962年以降の名称はF-8C。クルーセイダーII Crusader IIとも呼ばれる。145546はNASAに移管(NASA 802)されフライバイワイア試験に使用。145592はF-8Kとして再生産。後にThunderbird Aviationによりレストアされ民間登録No. N19TBを割り当てられる
F8U-1P 145604〜145647 ◎44機 1962年以降の名称はRF-8A。145628はNRF-8Aに改造
F8U-1T 145648〜145659(キャンセル) ◎12機
F8U-1P 146822〜146905 ◎84機 1962年以降の名称はRF-8A。146860はRF-8Gに改造
F8U-2 146906〜147034 ◎129機 1962年以降の名称はF-8C。クルーセイダーII Crusader IIとも呼ばれる
F8U-2N 147035〜147077 ◎43機 1962年以降の名称はF-8D。147041、147045はNF-8Dに改造。147073〜147077はキャンセル ◎147056(c/n 99)
F8U-1P 147078〜147084(キャンセル) ◎7機 1962年以降の名称はRF-8A
F8U-2N 147896〜147925 ◎30機 1962年以降の名称はF-8D


Update 16/08/12