DD
駆逐艦

※駆逐艦籍 Destroyersの一等駆逐艦 Destroyer, First Lineはのちに駆逐艦 Destroyerに変更される。1920年7月17日、艦種記号DDが各艦に与えられる
軽荷排水量:1,090t(DD-60は1,060t、DD-61、DD-62は1,150t、DD-63〜DD-65、DD-67、DD-68は1,111t、DD-66は1,071t、DD-68は1,110t) 満載排水量:1,205t(DD-60は1,174t、DD-63、DD-64は1,225t、DD-66は1,185t) 全長:96.08m 幅:9.09m(9.11mともいわれる、DD-58、DD-63、DD-64は9.32m、DD-61、DD-65は9.32m、DD-64〜DD-68は9.10m) 吃水:2.84m(3.16mともいわれる、DD-58は2.87m、DD-60は3.11m、DD-61は2.97m、DD-62、DD-67は3.25m(満載時、艦尾)、DD-63は2.89m、DD-64は3.27m、DD-65は2.81m、DD-66は2.97m(満載時、艦尾)、DD-68は3.26m) 主缶:ヤーロー式水管缶(重油専焼)4基(DD-58、DD-59、DD-61、DD-62はホワイトフォースター式水管缶(重油専焼)4基、DD-60はノルマン式水管缶(重油専焼)4基) 主機/軸数:カーチス式直結蒸気タービン2基/2軸(DD-58、DD-59、DD-61、DD-62はパーソンズ式直結蒸気タービン2基、DD-60はパーソンズ式ギアード蒸気タービン) 出力(計画):17,000馬力 速力(計画):29.5kt(DD-58、DD-61、DD-65は30.0kt、DD-59、DD-63は29.0kt、DD-60は30.67kt(公試)、DD-62は29.67kt(公試)、DD-66は30.29kt、DD-67は29.58kt) 燃料搭載量(計画):重油290t 航続力:14ktで5,640浬(DD-63〜DD-68は14ktで4,300浬) 兵装:50口径102o単装砲4基、7.62o単装機銃2基、533o連装魚雷発射管4基(DD-63〜DD-68は50口径102o単装砲4基、1ポンド単装対空砲2基、7.62o単装機銃2基、533o3連装魚雷発射管4基) 乗員:89名(126名ともいわれる、DD-58、DD-60〜DD-65、DD-67は99名、DD-59は133名、DD-66、DD-68は130名)
※DD-63以降をサンプソン級ともいわれる
↑タッカー級駆逐艦サンプソン(DD-63)
↑タッカー級駆逐艦アレン(DD-66、1943年時)

↑USS Conyngham (Destroyer # 58). Underway, circa 1916. Photographed by O. W. Waterman. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
タッカー
12
Tucker DD-57 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/4/11 1921/5/16 1936/10/24 ◎1914/11/9 起工
◎1915/5/4 進水
◎1918/12? チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1919/10 フィラデルフィアにて保管
◎1926/3/25 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-23)に改める
◎1933/6/30 フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管、艦種を駆逐艦(DD-57)に改める
◎1933/11/1 タッカーという艦名をとる
◎後にSandy HookにてSea Scoutの練習船となる
◎1936/12/10 解体のため売却
◎Escort and patrol, Queenstown and Brest, 1917-1918.
カニンガム
12
Conyngham DD-58 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/1/21 1922/6/23 1934/7/5 ◎1914/7/27 起工
◎1915/7/8 進水
1918/5/23 Kinsale西方海域にて座礁
◎1919/4? ボストンにて保管(〜1921)
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1924/6/7 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-2)に改める
◎1933/6/30 海軍に移管
◎1933/11/1 カニンガムという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Queenstown, 1917-1918.
ポーター
12
Porter DD-59 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/4/17 1922/6/23 1934/7/5 ◎1914/2/24 起工
◎1915/8/26 進水
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1924/6/7 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-7)に改める
◎1933/6/30 フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管
◎1933/11/1 ポーターという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Queenstown, Brest, 1917. Damaged U108 in Convoy, 28 Apr 1918.
ワズワース Wadsworth DD-60 バス鉄工所 1915/7/23 1922/6/3 1936/1/7 ◎1914/2/23 起工
◎1915/4/29 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1919/1 ボストンにてオーヴァーホール
◎1919/8/29 予備役に編入
◎1921/5/9 再役
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1936/6/30 解体のため売却
◎1936/8 解体
◎Escort and patrol, Queenstown and Brest, 1917.
ジェイコブ・ジョーンズ
12
Jacob Jones DD-61 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1916/2/10 ◎1914/8/3 起工
◎1915/5/29 進水
◎1916 フィラデルフィア海軍工廠にて修理
1917/12/6 シシリー島にてドイツ海軍潜水艦U53の雷撃により沈没(123
◎Queenstown, 1917.
ウェインライト Wainwright DD-62 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1916/5/12 1922/5/19 1934/7/5 ◎1914/9/1 起工
◎1915/6/12 進水
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役
◎フィラデルフィアにて艤装
◎1916/11上旬 チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1917/9 Birkenheadにて修理
1917/11/24 クイーンズタウンにて商船Chicago Cityと衝突し損傷、Spencer Jettyにて入渠、修理
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1926/4/2 除籍、フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-24)に改める
◎1934/4/27 海軍に移管、籍をもどす
◎1934/8/22 解体のためブルックリンのMichael Flynn, Inc. に売却
◎Escort and patrol, Queenstown, 1917-1918.
サンプソン
12
Sampson DD-63 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/6/27 1921/6/15 1936/1/7 ◎1915/4/21 起工
◎1916/3/4 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
1917/1/17 Sandy HookにてバークQuevillyと衝突し損傷
◎1917/5下旬 爆雷発射機を設置
◎1919/1上旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理
◎1919/12上旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて不活性化オーヴァーホール(〜1921/2/14)、後にフィラデルフィア海軍工廠へ曳航
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1936/9/8 解体のため、ボルティモアのボストン・アイアン&メタル社に売却
◎Queenstown, 1917-1918.
ローワン
12
Rowan DD-64 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/8/22 1922/6/19 1936/1/7 ◎1915/5/10 起工
◎1916/3/23 進水
◎ボストンにて就役
◎1917春 ニュー・ヨークにて修理
◎退役後、予備艦隊にて編入
◎1939/4/20 解体のため売却
◎Queenstown, 1917-1918. Haiti 1919-1920.
デイヴィス Davis DD-65 バス鉄工所 1916/10/5 1922/6/20 1934/7/5 ◎1915/5/7 起工
◎1916/8/15 進水
◎1919/1上旬 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
◎1919/9 フィラデルフィア海軍工廠にて保管(〜1920/11)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1926/3/25 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-21)に改める
◎1933/6/30(1934/7/5?) フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Queenstown, 1917-1918.
アレン
12
Allen DD-66 バス鉄工所 1917/1/24 1945/10/15 1945/11/1 ◎1915/5/10 起工
◎1916/12/5 進水
◎1922/6/22 ニュー・ヨークにて退役、予備艦隊に編入
◎1925/6/23 再役
◎1928/3 フィラデルフィアにて退役、予備艦隊に編入
◎1940/8/23 フィラデルフィアにて再役
◎1946/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Fell over in drydock at Philadelphia, 10 May 1917 (1 dead). Queenstown, 1917-1918. Pearl Harbor. Rearmed 1940.
ウィルクス Wilkes DD-67 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1916/11/10 1922/6/5 1934/7/5 ◎1915/3/11 起工
◎1916/5/18 進水
◎退役後、フィラデルフィアにて予備艦隊に編入
◎1926/3/25 フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-25)に改める
◎1934/4/27 フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管
◎1934/8/22 解体のため売却
◎Escort and patrol, Queenstown, 1917.
ショー Shaw DD-68 メア・アイランド海軍工廠 1917/4/9 1922/6/21 1934/7/5 ◎1916/2/7 起工
◎1916/12/9 進水
1918/10/9 イギリスのポートランド南西海域にて商船Aquitaniaと衝突し損傷
◎1918/10/18 イギリスのポーツマスにて入渠、修理(〜1919/5/29)
◎1919/10/2 フィラデルフィアにて予備駆逐群に編入
◎1926/3/25 除籍、フィラデルフィア海軍工廠にて沿岸警備隊に移管され船種記号を沿岸警備隊駆逐艦(CG-22)に改める
◎1933/6/30 フィラデルフィア海軍工廠にて海軍に移管、籍をもどす
◎1933/11/1 ショーという艦名をとる
◎1934/8/22 解体のため、ブルックリンのMichael Plynn, Inc. に売却
◎Queenstown, 1917-1918.


Update 17/04/08