蒸気船
STEAMERS


排水量:409t(旧測定法による総トン数、ウォーカーは305t) 全長?:45.11m(ウォーカーは垂線間長40.23m) 幅:7.01m(ウォーカーは7.49m) 吃水:3.04m(ウォーカーは2.98m) 主機/軸数:side lever機関(ウォーカーはhorizontal harf-beam機関)/外輪2基 乗員:35名
※リガーレ、ダラス、ジェファーソンのデータは税関監視船部蒸気船リガーレ級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ビブ Bibb Charles Knapp 1879 ◎1847/1/9(1847/7/11?) ボストンにて沿岸測量部に移管
◎1853/5/12 チャールズタウン海軍工廠にて木造船体に改装、エンジン換装工事
◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1861/11 沿岸測量部に移管
1865/3/17 チャールストン港にて魚雷(機雷?)により損傷
ダラス Dallas Stillman ◎1848 沿岸測量部に移管するも就役せず
◎1851/3/4 売却
ジェファーソン Jefferson Charles Knapp ◎1849/6/27 ニュー・ヨークにて沿岸測量部に移管するも就役せず
◎1861 売却
リガーレ Legare R. & G. L. Schuyler ◎1847/11/12 沿岸測量部に移管
◎1857 灯船に改装
ウォーカー Walker Joseph Tomlinson
(Tomlinson, Hartapee & Co.?)
◎1848/1初め 沿岸測量部に移管
1860/6/21 Abseconにて衝突し沈没


全長:38.10m 幅:7.31m 吃水:3.04m(depth of hull) 主機/軸数:steeple機関1基/外輪2基 兵装:20ポンド・パロット・ライフル砲2門、榴弾砲2門 乗員:70名
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コーウィン Corwin Vaughan & Lynn ◎1852 進水
◎1861/5/31 税関監視船部に移管
◎1861/9/17 海軍に移管
◎Loaned to Revenue Marine. served with U.S. Revenue Cutter Service, 31 May-17 Sep 1861.
☆拿捕または撃沈スコア(以下の艦船)
・1862/5/4 Director(拿捕)
・1862/5/5 Waterwitch(拿捕)


排水量:1,143t 全長:56.69m 幅:10.36m(10.45mともいわれる) 吃水:3.65m 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/1軸 出力:1,321馬力 速力:12.0kt(13.3ktともいわれる) 兵装:50口76o砲2基、機銃2基 乗員:69名(85名ともいわれる)
↑Surveyor (Coast & Geodetic Survey Ship). Possibly photographed at the time of her completion at Manitowoc, Wisconsin, in 1917. This ship served as USS Surveyor between September 1917 and March 1919. U.S. Naval Historical Center Photograph.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サーヴェイヤー
123
Surveyor マニトワック・シップビルディング社 ◎1917 進水
◎1917/9/24 海軍に移管
◎1919/1 兵装を撤去
◎1919/3/31 沿岸測地測量局に移管


※データは区域哨戒艇オードウィンの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オードウィン
123
Audwin New York Yacht, Launch & Engine Co. ◎1919/3/27 沿岸測地測量局に移管
◎1927 シアトルのP. H. McCueに売却
◎West coast & Alaska.


※データは区域哨戒艇ヘリアンサスの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヘリアンサス
12
Helianthus Herreshoff Manufacturing Co. ◎1919/3/28 沿岸測地測量局に移管
◎1939 売却
◎Alaska.


※データは区域哨戒艇アルマックスII世の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルマックスII世
12
Almax II Salisbury Marine Construction Co. ◎1919/3/28 沿岸測地測量局に移管
◎1920/2/21 海軍に移管


※データは区域哨戒艇ナトマの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ナトマ
123
Natoma Gas Engine & Power Co. & Charles L. Seabury & Co. ◎1919/4/4 沿岸測地測量局に移管
◎1934 売却(1920年2月6日に海軍に移管ともいわれる)


※データは区域哨戒艇リディアIII世の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リディアIII世 Lydia III F. S. Nock ◎1919/4/9 沿岸測地測量局に移管
◎1920/1/15 海軍に移管


※データは区域哨戒艇オンワードの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オンワード
12
Onward Gas Engine & Power Co. & Charles L. Seabury & Co. ◎1919/4/18 沿岸測地測量局に移管
◎1921/4/23 民間に売却され商船となる
◎1923 Thelma Phoebeと改名


※データは区域哨戒艇エルシーIII世の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
エルシーIII世
123
Elsie III Morris Heights ◎1919/4/21 沿岸測地測量局に移管
◎1944 売却


※データは区域哨戒艇ミカウェの項を参照
↑The MIKAWE dressed for the 4th of July. Gasoline launch, 75 hp engine, length 64.5 feet, beam 14 feet, draft 5.5 feet. Built in 1916 at Bay City, Michigan. Acquired from Navy in 1920, ex-M. B. MIKAWE. This vessel was used as a training vessel in the late 1920's for Coast and Geodetic Survey deck officers. Destroyed by fire and expended October 27, 1939. In service 1920-1939 on Atlantic coast. Source of name unknown.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ミカウェ
123
Mikawe Defoe Boat & Motor Works ◎1919/4/24 沿岸測地測量局に移管
1939/10/27 焼失
◎Training ship.


※データは区域哨戒艇ウィノナの項を参照
↑Coast and Geodetic Survey Ship WENONAH. In service 1919-1923. Pacific service. Steamer, length 163 feet, beam 22.9 feet, draft 12 feet. Built by G. Lawley & Sons, Neponset, Massachusetts, at a cost of $145,000. Navy acquired vessel from Walter Graeme Ladd in 1917. In service 1919-1922 in Pacific Ocean, thence returned to navy in October 1922. The vessels' wartime service consisted of convoy duty. On two occasions it picked up survivors of ships sunk by torpedoes. It also made three unsuccessful attacks on U-boats and fired one three-inch shell at an object that proved to be a dolphin for the total of its wartime shots fired in anger.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウィノナ
123
Wenonah George Lawley & Sons ◎1919/4/12 沿岸測地測量局に移管
◎1922/10 海軍に移管
◎Pacific.


※データは区域哨戒艇ワイルド・キャットの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ワイルド・キャット
123
Wild Cat R. T. Potter ◎1919/4/14 Marine Basinにて沿岸測地測量局に移管
◎1941 売却


※データは区域哨戒艇レンジャーの項を参照
↑Coast and Geodetic Survey Ship RANGER. This ship was obtained from the Navy following WWI and returned in 1931. Steamer, length 145 feet, beam 22 feet, draft 7 feet. Built by Robert Jacob, City Island, New York, 1910 at a cost of $80,000. Acquired from Navy in 1919, ex yacht THOMAS SLOCUM. In service 1919-1933, Atlantic service only.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
レンジャー
12
Ranger Robert Jacob, Inc. ◎1919/4/28 沿岸測地測量局に移管、レンジャーと命名
◎1930/11/26(1931/1/4?) 海軍に移管


※データは区域哨戒艇アルテミスの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アークトゥルス
12
Arcturus Pusey & Jones Co. ◎1919/5/5 沿岸測地測量局に移管
◎1920/1/15 海軍に移管


※データは区域哨戒艇ライドニアの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ライドニア
123
Lydonia Pusey & Jones Co. ◎1919/8/7 沿岸測地測量局に移管(〜1941)
◎1947 売却
◎Pacific and Atlantic.


※データは区域哨戒艇シアリアの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シアリア Sialia Pusey & Jones Co. ◎1919/10/6 沿岸測地測量局に移管
◎故障多発
◎1920/2/6 海軍に移管


※データは区域哨戒艇オリンピックの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オリンピック Olympic E. W. Heath ◎1919/9/13 沿岸測地測量局に移管
◎1919/11/12 デイルハッチ Dailhacheと改名
◎1934/2/10(1934/4/10?) H. W. McCurdyに売却


※データは掃海艇ラプウィング級の項を参照

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パイオニア
123
Pioneer Gas Engine & Power Co. ◎1922/4/7 ボストンにて沿岸測地測量局に移管されパイオニアと改名
◎1941/9/17 海軍に移管、再役、艦種を救難艦(ARS-2)に改め、クルーセイダー Crusaderと改名
フラミンゴ
123
Flamingo ニュー・ジャージー・ドライドック&トランスポーテーション社 ◎1922/4/7(1923/1/23?) ポーツマスにて沿岸測地測量局に移管
◎1923/3/1 ガイド Guideと改名
◎1923末 東海岸にて改装
◎1941/6/27 海軍に移管
ディスカヴァラー
123
Discoverer トッド・シップヤード社 ◎1922/4/7 チャールズタウン海軍工廠にて沿岸測地測量局に移管されディスカヴァラーと改名
◎1922/4/29 フィラデルフィアのウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社にてオーヴァーホール、改装(〜1922/8初め)
◎1925/10/12 サン・フランシスコにて修理
◎1941/8/26 海軍に移管、艦種を救難艦(ARS-3)に改める


※データは駆潜艇(木製船体)SC-497級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バウエン
12
Bowen Calderwood Yacht Yard, Inc. ◎1945/9/30(1945/10/3?) 沿岸測地測量局に移管、バウエンと命名
◎1957 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
パーカー
12
Parker Elizabeth City Shipyards ◎1946 沿岸測地測量局に移管、パーカーと命名(12345
◎1957 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎後にReedvilleのReedville Oil & Guano Company, Inc. が取得し、貨物船Jorisudaとなる
◎1970 ReedsvilleのHaynie Products, Inc. が取得
◎1973 ノーフォークのGuy L. Irelandが取得し、ヨットとなる
◎1975 PascagoulaのWayne Gooding, Jr. c/o the Castigliola Shrimp Co. が取得し、漁船Miss Cindyとなる
スティアーニ
12
Stirni Calderwood Yacht Yard, Inc. ◎1946/9/30 沿岸測地測量局に移管、スティアーニと命名
◎1957 売却


※データは対潜駆潜艇PCS-1376級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デリクソン
12
Derickson Ballard Marine Railway Co. ◎1944/5/17 竣工、沿岸測地測量局に移管されデリクソンと命名
◎1944/5/27 海軍に移管、艦種を測量艦(AGS-6)に改める
◎除籍後、沿岸測地測量局に移管
◎1954 売却(売却額$23,896.99)
ボウイ Bowie Greenport Basin & Construction Co. 1965
(1967/2/1?)
◎1946/8/9(1946/11/3?) 沿岸測地測量局に移管
◎1946/11/11 ボウイと命名
◎退役後、British Columbia州Vancouverの業者に売却
ホジソン Hodgson Burger Boat Co. ◎1946/8/9(1946/9/8?) 沿岸測地測量局に移管されホジソンと命名
◎1968/3 韓国に貸与されSuro 3と改名


総トン数:38t 全長:22.86m 幅:4.74m(4.87mともいわれる) 吃水:1.52m
※汽船

↑Coast and Geodetic Survey Ship YUKON in Alaskan waters. Steamer, length 75 feet, beam 15.7 feet, draft 5 feet. Built in 1898 for $10,926.40. Vessel built in New York and shipped to St. Michael, Alaska, in knockdown condition and put together at St. Michael. In service 1899-1923, entire service in Alaskan waters. Sold in 1923.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ユーコン
12
Yukon Gas Engine & Power Co. & Charles L. Seabury & Co. ◎1898/8/20 St. Michaelにて進水
◎1923 売却
◎Knocked down & shipped to Alaska. Alaskan Waters.


Update 18/07/01