戦艦
BATTLESHIPS


基準排水量(第二次改装後):32,700t(ウォースパイトは30,600t、マレーヤは31,465t) 常備排水量:27,500t 全長:196.80m(第二次改装後には195.10m、ウォースパイトは196.20m) 幅:27.60m(第二次改装後には31.70m) 吃水:8.80m(第二次改装後には10.0m、ウォースパイト、マレーヤは9.40m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶24基(バーラム、ヴァリアントはヤーロー水管缶24基、第二次改装後にはアドミラルティ型3胴缶8基、ウォースパイトはアドミラルティ型3胴缶6基、マレーヤはバブコック&ウィルコックス水管缶24基) 主機/軸数:John Brown & Co. 式ブラウン・カーチス蒸気タービン2組(第二次改装後にはパーソンズ式SRギアード蒸気タービン4基、マレーヤはパーソンズ式蒸気タービン2組)/4軸 出力:75,000馬力(第二次改装後には80,000馬力、マレーヤは75,000馬力) 速力:24.0kt(第二次改装後には23.5kt、マレーヤは23.7kt) 燃料搭載量:重油3,400t(第二次改装後には重油3,366t〜3,501t) 航続力:10.0ktで約4,500浬 兵装:381o連装砲4基、152o単装砲16基(クイーン・エリザベスは152o単装砲14基)、76o単装高角砲2基、47o単装砲(礼砲)4基、533o水中魚雷発射管4門(第二次改装後には381o連装砲5基、152o単装砲なし(ウォースパイトは152o単装砲8基、マレーヤは152o単装砲12基)、114o連装両用砲5基(ウォースパイトは、マレーヤは102o連装高角砲12基)、40o8連装ポンポン砲4基(マレーヤは40o8連装ポンポン砲2基)、13o4連装機銃4基) 装甲:水線330o、砲塔前楯330o、甲板76o(第二次改装後には127o、マレーヤは76o)、バーベット254o、司令塔279o(第二次改装後には76o、マレーヤは279o) 搭載機(第二次改装後):水上偵察機4機 乗員:925名〜951名
※詳細な装甲数値:1. Barham: Main belt 6in (upper edge)/13in/8in (lower edge) & upper belt 6in closed by bulkheads 6in, ends 4-6in closed by bulkheads 4in, battery 6in closed by bulkheads 6in (fwd)/4-6in (aft). Funnel casings & uptakes 1in (below fo'c'sle deck)/1.5in (above fo'c'sle deck). Fo'c'sle deck 1in over battery; upper deck 1.25in (amid)/2in (edges) abreast barbettes & over boiler room, 1.5in over engine room; main deck ends 1.5in outside citadel; middle deck 1in (flat)/5in (slopes) over magazines & inside citadel, 1.25in aft; lower deck ends 1in (fwd)/3in (stem), 2.5-3in (aft) over steering gear. Longitudinal bulkheads 2in closed by bulkheads 2in. Turrets 13in (faces)/11in (sides & rears)/5in (crowns)/3-5in (floors), barbettes 6-10in (above main deck)/4in (below main deck). Battery inboard screens 1.5in. Fwd CT 11in (sides)/3in (floor)/2in (hood) on base 6in (sides)/3in (rear) with tube 4-6in; aft CT 6in (sides)/3in (floor)/2in (hood) with tube 4in. Main DCT 6in (sides)/2in (rear)/3in (crown). Externally bulged.
2. Malaya: As Barham except middle deck 1-5in (over magazines), 3.5in (over engine room).
3. Warspite: Main belt amid 6in (upper edge)/13in/8in (lower edge) & upper belt 6in closed by bulkheads 6in, ends 4-6in closed by bulkheads 4in, battery 6in closed by bulkheads 6in (fwd)/4-6in (aft). Funnel casing & uptakes 4in. Fo'c'sle deck 1in (over battery); upper deck 1.25in (amid)/2in (edges) abreast barbettes & over boiler rooms & 1.5in over engine rooms; main deck ends outside citadel 3.25in (fwd)/3in (aft); middle deck inside citadel 3.5in (over machinery spaces)/5in over magazines & outside citadel 1.25in (aft); lower deck outside citadel 3in (stem)/ 1in (fwd)/2.5-3in (aft over steering gear). Longitudinal bulkheads 2in closed by bulkheads 2in. Turrets 13in (faces)/11in (sides & rears)/5in (crowns)/3-5in (floors), barbettes 6-10in (above main deck)/4in (below main deck). CT 3in (face & sides)/2in (rear) with tube 0.25in; aft LA.DCT 6in (sides)/2in (rear)/3in (crown). Externally bulged.
4. Qeen Elizabeth & Valiant: As in Warspite.

↑クイーン・エリザベス級戦艦クイーン・エリザベス(1914年時)

↑クイーン・エリザベス級戦艦クイーン・エリザベス(1941年時)

↑クイーン・エリザベス級戦艦ウォースパイト(改装時)

↑クイーン・エリザベス級戦艦ヴァリアント(1942年時)

↑クイーン・エリザベス級戦艦マレーヤ(改装時)

↑The parts of a Queen Elizabeth class battleship. Image courtesy of Naval Analyses.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クイーン・エリザベス Qeen Elizabeth 00 J. Brown 1915 1948 1948 ◎1912/10/21 起工
◎1913/10/6 進水
◎1914/12/22 竣工
◎1926 第一次改装(〜1927)
◎1937 第二次改装(〜1941)
1941/12/18 Alexandria港にてイタリア軍人間魚雷S.L.C. 200 maialeの攻撃により損傷、後に応急修理

(↑イタリア海軍人間魚雷S.L.C. 200マイアーレ)
◎後にノーフォーク海軍工廠にて修理
◎1948/3/19 Arnott Yangに売却
◎1948/7/7 Dalmuirに到着、後に解体
ヴァリアント
12
Valiant 02 Fairfield 1916/2/19 1945/7 1948 ◎1913/1/31 起工
◎1914/11/4 進水
◎1916/1/13 竣工
1916/8/24 ウォースパイトと衝突、後に修理(〜1916/9)
◎1929 第一次改装(〜1930)
◎1937 第二次改装(〜1939)
1941/12/18 Alexandria港にてイタリア軍人間魚雷S.L.C. 200 maialeの攻撃により損傷、後にDurbanにて修理

(↑イタリア海軍人間魚雷S.L.C. 200マイアーレ)
1944/8 トリンコマリーの浮きドックにて入渠中、ドックの崩壊事故により転覆、後にAlexandriaへ曳航中、スエズ運河沖にて座礁
◎1948/3/19 Arnott Yangに売却
◎194?/8/16 Cairn Ryanに到着
◎1950/3/10 解体
ウォースパイト Warspite 03 Devonport Dockyard 1915/3/8 1945/2/1 1946 ◎1912/10/31 起工
◎1913/11/26 進水
◎1915/3/8 竣工
1915後半 座礁、後に離礁
1915/12/1 バーラムと衝突し損傷
1916/5/31 ユトランド沖海戦にてドイツ海軍艦艇の砲撃により損傷、舵故障、後に応急修理、後にRosythにて修理
1916/8/24 ヴァリアントと衝突、後に修理
1917/6 駆逐艦と衝突
1917/6/9 スカパ・フローにて戦艦ヴァンガードの爆発事故により損傷
1918 ボイラー室出火、後に修理
◎1924? 第一次改装(〜1926)
◎1934 第二次改装(〜1937)
1940/9/22 クレタ島近海にてドイツ空軍機の爆撃により損傷
◎1941/8 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理
1943 インド洋にて舵故障、後に応急修理
1943/9/16 サレルノにてドイツ空軍機の無線爆弾により損傷、後に曳航
◎1943/9/19 マルタにて応急修理
◎1943/11上旬 ジブラルタルにて修理
◎1944/3 Rosythにて修理
1944/6/6 ノルマンディーにてドイツ空軍機の無線爆弾により損傷、後に機雷によりスクリュー・プロペラや舵損傷、後にRosythにて修理
◎1945/2/1 予備役に編入
◎1946/7/12 Metal Industriesに売却
1947/4/23 Faslaneへ曳航中、Mounts Bayにて座礁
◎1947 R. H. Bennetに再売却、その場にて解体
◎1950 解体終了
☆ウォースパイトの撃沈スコア(以下の艦船)
・1940/4/13 ドイツ海軍潜水艦U64(ナルヴィク北東海域にてソードフィッシュ(水上機型)の爆撃)
(←ドイツ海軍IXB型潜水艦)
・1940/4/13 ドイツ海軍駆逐艦Erich Giese(Z12、ナルヴィク港沖にて撃沈(他艦と共同で))
・1940/7/9 イタリア海軍戦艦Giulio Cesare(地中海にて損傷を与える)
バーラム
12
Barham 04 J. Brown 1915/10/19 ◎1913/2/24 起工
◎1914/12/31 進水
◎1915/8/19 竣工
1915/12/1 ウォースパイトと衝突し損傷、後に修理(〜1915/12/23)
1916/5/31 ユトランド沖海戦にてドイツ海軍艦艇の砲撃により損傷、後に修理(〜1916/7)
◎1930 第一次改装(〜1933)
1939/12/12、キンタイア岬沖にて駆逐艦ダッチェス Duchess(H.64)と衝突、ダッチェスを沈没させる
1939/12/28 ブリテン諸島北方海域にてドイツ海軍潜水艦U30の雷撃により損傷
1941/5 クレタ島沖にて枢軸軍機の爆撃により損傷
1941/11/25 Sollum北方海域にてドイツ海軍潜水艦U331の雷撃により沈没
マレーヤ Malaya 01 アームストロング・ホイットワース 1916/2/1 1944 1947 ◎1913/10/20 起工
◎1915/3/18 進水
◎1916/2/1 竣工
1916/5/31 ユトランド沖海戦にてドイツ海軍艦艇の砲撃により損傷
◎1927 第一次改装(〜1929)
◎1934 第二次改装(〜1936)
1941/3/20 カーボ・ヴェルデ西北西海域にてドイツ海軍潜水艦U106の雷撃により損傷、後にTrinidadにて応急修理、後にニュー・ヨーク海軍工廠にて入渠、修理
◎1944後半 予備役に編入
◎1948/2/20 Metal Industriesに売却
◎1948/4/12 Faslaneに到着、後に解体
艦内時鐘はロンドンのイースト・インディア・クラブにて展示
エジンコート Agincourt Portsmouth Dockyard ◎1914/8/26 未着手のまま建造中止


基準排水量:33,950t 満載排水量:38,000t 全長:216.40m 幅:32.30m 吃水:8.68m(depth of hull) 主缶:ヤーロー水管缶8基 主機/軸数:アームストロング・ホイットワース式ブラウンカーチスSRギアード蒸気タービン2基(ロドニーはCammell Laird式ブラウン・カーチスSRギアード蒸気タービン2基)/2軸 出力:45,000馬力 速力:23.0kt 燃料搭載量:重油3,805t(ロドニーは重油3,805t) 航続力:23.0ktで5,500浬 兵装:45口径406o3連装砲3基、50口径152o連装砲6基、40口径120o単装高角砲6基、2ポンド8連装対空機銃3基、2ポンド単装対空機銃8基、12.7o4連装対空機銃4基、622o水中魚雷発射管2門 装甲:水線356o、甲板158o、砲塔前楯406o、司令塔356o 搭載機:水上偵察機2機 乗員:1,314名(旗艦時1,361名)
※詳細な装甲数値:Main belt 14in closed by bulkheads 13in (above lower deck)/9in (below lower deck) fwd & 11in aft. Funnel casing & uptakes ?in. Middle deck 6 1/4in (over fwd magazines)/3in (over steering magazines), lower deck 6 1/4in (aft & over steering gear). Longitudinal bulkheads 1 1/2in. Main turrets 16in (faces)/12in (sides)/9in (rears)/7in (crown)/?in (floors), barbettes 15in (sides)/14in (amidships), secondary turrets 1 1/2in (faces)/1in (sides & crowns), barbettes 1in. CT 13 1/2in (sides)/7 1/2in (crown) with tube 6in, LA.DCTs 6in (sides)/4in (crowns). Internally bulged.
↑ネルソン級戦艦(1927年時、下はネルソン級戦艦ネルソン(1927年時))

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ネルソン Nelson 28 アームストロング・ホイットワース 1927/9/10 1947/10/20 1947 ◎1922/12/28 起工
◎1925/9/3 進水
◎1927/8/15 竣工
1931/9/15 インヴァーゴードン反乱(〜1931/9/16)
1934/1/12 ポーツマス沖にて座礁
1939/10/30 オークニー諸島近海にてドイツ海軍潜水艦U56の雷撃により損傷
1939/12 ドイツ海軍の機雷により損傷、後に修理(12
1941/9/27 イタリア空軍機の雷撃により損傷、後に修理
1944/6/18 機雷により損傷、後にフィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎1946/7 艦種を練習戦艦に改める
◎1948/3/19 解体のため、T. W. Wardに売却
ロドニー Rodney 29 Cammell Laird 1927/12/7 1946 1947 ◎1922/12/28 起工
◎1925/12/17 進水
1931/9/15 インヴァーゴードン反乱(〜1931/9/16)
1941/5/27 北大西洋にてドイツ海軍戦艦Bismarck(12)の砲撃により損傷
◎1941/5 アメリカにて改装
◎1948/3/19 解体のため、T. W. Wardに売却
☆ロドニーの撃沈スコア(以下の艦船)
・1941/5/24 ドイツ海軍戦艦Bismarck(12、大西洋にて損傷を与える)
(←ドイツ海軍戦艦ビスマルク(ライン演習作戦終盤時(1941年時))


Update 17/03/12