BB
戦艦

※C&TFはCruiser & Transport Forceの略で、例えばC&TF 4/4,051は第一次大戦後にヨーロッパ大陸〜アメリカ本土間、4回の航海で4,051名のヨーロッパからの帰還兵、乗客等を乗せたという意味
常備排水量:16,000t 満載排水量:17,617t(17,746tともいわれる) 全長:137.99m 幅:24.43m(24.46mともいわれる) 吃水:7.46m(平均) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶12基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関2基/2軸 出力:16,500馬力(17,600計画馬力ともいわれる) 速力:18.0kt(18.5ktともいわれる、18.86kt(公試)) 燃料搭載量:石炭2,380t 航続力:10ktで5,000浬(10ktで6,950浬ともいわれる) 兵装:45口径305o連装砲4基、50口径76o単装砲22基、3ポンド砲2基、1ポンド砲8基、7.62o機銃2基、533o水中魚雷発射管2門(1918年には45口径305o連装砲4基、50口径76o単装砲14基、50口径76o対空砲2基以上、533o水中魚雷発射管2門) 装甲:水線228.6o〜279.4o、砲塔前楯304.8o、砲塔天蓋63.5o、砲郭203.2o〜254o、甲板63.5o、バーベット203.2o〜254o、司令塔304.8o 乗員:士官51名、下士官兵818名(1918年には士官、下士官兵合わせて1,300名)
↑サウス・カロライナ級戦艦サウス・カロライナ(1911年時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サウス・カロライナ
12
South Carolina BB-26 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1910/3/1 1921/12/15 1923/11/10 ◎1906/12/18 起工
◎1908/7/11 進水
◎1909/11/5 引き渡される
◎1910/6中旬 ノーフォークにて修理
◎1911/1中旬 海軍工廠ノーフォークにて修理
◎1912/6末 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1913/9末 ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1914/9初め)
◎1915夏 フィラデルフィアにて修理
◎1918/9? フィラデルフィアにて修理
◎1919夏? 海軍工廠ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1924/4/24 解体のため売却
◎後にフィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎Mexican Intervention, 1914. Convoy escort. C&TF 4/4,051.
ミシガン
12
Michigan BB-27 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1910/1/4 1922/2/11 1923/11/10 ◎1906/12/17 起工
◎1908/5/26 進水
◎1909/8/31 引き渡される
◎1916/1/6 退役
1916/9 305o連装砲の暴発により損傷、後にフィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎1917/4/5 再役
1918/1/15 Cape Hatterasにて荒海により損傷(前部篭マストが崩壊)
◎1918/1下旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎1919/5 フィラデルフィアにてオーヴァーホール(〜1919/6)
◎1924 フィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎Mexican Intervention, 1914. C&TF 2/1,052.


Update 19/07/11