BB
戦艦

※戦艦籍 Battleshipsの一等戦艦 Battleship, First Lineはのちに戦艦 Battleshipと名称が変更される。1920年7月17日、艦種記号BがBBに改められる。一等戦艦と二等戦艦 Battleship, Second Line(OBB)に区分された期間は、1912年〜1916年、1920年〜1930年
常備排水量:16,000t 満載排水量:17,666t 全長:139.09m 幅:23.41m 吃水:7.46m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶12基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関2基/2軸 出力:16,500馬力 速力:18.0kt 燃料搭載量:石炭2,200t 航続力:10ktで6,620浬(BB-25は10ktで7,590浬) 兵装:40口径305o連装砲2基、45口径203o連装砲4基、45口径178o単装砲12基、50口径76o単装砲20基、3ポンド砲12基、1ポンド自動砲8基(BB-20は1ポンド自動砲4基、BB-21は1ポンド自動砲2基)、7.62o機銃2基(BB-19は7.62o機銃4基、BB-20は7.62o機銃4基、コルト式7.62o機銃2基)、533o水中魚雷発射管4門(1918年には45口径178o単装砲6基、50口径76o砲4基〜6基、50口径76o対空砲2基、553o水中魚雷発射管4門) 装甲:水線228.6o〜279.4o(BB-20〜BB-22、BB-25は水線177.8o〜228.6o)、主砲塔前楯279.4o、主砲塔天蓋63.5o、砲郭152.4o〜177.8o(BB-25は砲郭177.8o)、甲板76.2o、隔壁152.4o(BB-25は隔壁177.8o)、バーベット152.4o〜279.4o(BB-25はバーベット279.4o)、司令塔228.6o 乗員:士官、下士官兵合わせて803名(士官42名、下士官兵785名ともいわれる、1910年には士官、下士官兵合わせて1,014名、1918年には士官、下士官兵合わせて1,241名、BB-20〜BB-22は士官42名、下士官兵838名、BB-25は士官41名、下士官兵809名)
※1909年に魚雷発射管は追加。BB-22は1909年にBB-25は1911年に前部マストだけを篭マストに換装、1912年に全艦は両方のマストを篭マストに換装。BB-18は1916年に対空砲を増強
↑コネチカット級戦艦コネチカット(竣工時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コネチカット
12
Connecticut BB-18 ニュー・ヨーク海軍工廠 1906/9/29 1923/3/1 1923/11/10 ◎1903/3/10 起工
◎1904/9/29 進水
◎1906/9/29 引き渡される
◎1910 修理改装
1915春? 鎖が絡まり右プロペラを損傷、リーグ・アイランド海軍工廠にて入渠、修理
◎1915/11/19 退役、保管
◎1916 フィラデルフィア海軍工廠にて宿泊艦となる
◎1916/10/3 再役
◎1923/11/1 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎後にオークランドにて解体
◎Great White Fleet (flagship). Mexican Intervention, 1914. C&TF 4/4,861. Disabled at Guantanamo Sep 1920 and towed to Philadelphia.
ルイジアナ
12
Louisiana BB-19 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1906/6/2 1920/10/20 1923/3/1 ◎1903/2/7 起工
◎1904/8/27 進水
◎1906/5/21 引き渡される
◎1909/2下旬 オーヴァーホール
1913/8/28 Vera Cruzにて座礁
◎1915/8/22 退役、ノーフォークにて保管
◎1916/10/3 再役
1917/7/6 ノーフォーク近海にて座礁
◎1923/11/1 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎後にボルティモアにて解体
◎Carried President T. Roosevelt to inspect Panama Canal, Nov 1906 (1, 2, 3). Great White Fleet. Mexican Intervention, 1914. Convoy escort. C&TF 4/4,714.
ヴァーモント
123
Vermont BB-20 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1907/3/4 1920/6/30 1923/11/10 ◎1904/5/21 起工
◎1905/8/31 進水
◎1907/2/11 引き渡される
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1907/9上旬 チャールズタウン海軍工廠にて修理(〜1907/11末)
◎1909/3/9 チャールズタウン海軍工廠にて修理(〜1909/6/23)
◎1910/7中旬 チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1911/4/10 フィラデルフィアにて入渠
◎1911/9/12 海軍工廠ノーフォークにて修理(〜1911/10/9)
◎1912春 海軍工廠ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1912秋)
◎1913/7 海軍工廠ノーフォークにてオーヴァーホール(〜1913/10)
1913/12上旬 嵐によりプロペラ損傷
◎1913/12下旬 海軍工廠ノーフォークにて修理
◎1915/4/19 退役
◎1916/10/1 フィラデルフィアにて保管
◎1916/11/21 再役
◎1917/4上旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理(〜1917/8/26)
◎1918/11上旬 フィラデルフィア海軍工廠で兵員輸送艦に改装
◎1923/11/30 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎1924 メア・アイランドにて解体
◎Great White Fleet (1, 2). Mexican Intervention, 1914. C&TF 4/4,795.
カンザス
12
Kansas BB-21 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1907/4/18 1921/12/16 1923/8/24 ◎1904/2/10 起工
◎1905/8/12 進水
◎1907/4/5 引き渡される
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役
◎1909/3上旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理(〜1909/6/17)
◎1911/11上旬 海軍工廠ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1912/12下旬 フィラデルフィア海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1913/5)
◎1916/9末 フィラデルフィア海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1919/6/29 フィラデルフィア海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1920/5/17)
◎1925/1/2 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎後にフィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎Great White Fleet. Mexican Intervention, 1914. C&TF 5/7,486.
ミネソタ
12
Minnesota BB-22 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1907/3/9 1921/12/1 1921/12/1 ◎1903/10/27 起工
◎1905/4/8 進水
◎1907/3/4 引き渡される
◎1910 修理改装
1918/9/29 デラウェア州のFenwick Island Shoal Lightship近海にて機雷により損傷、後にフィラデルフィア海軍工廠にて入渠、修理
◎1920夏 練習艦となる
◎1924/1/23 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎後にフィラデルフィア海軍工廠にて解体
◎Great White Fleet (1, 2). Mexican Intervention, 1914. C&TF 3/3,955.
ニュー・ハンプシャー
12
New Hampshire BB-25 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1908/3/19 1921/5/21 1923/11/10 ◎1905/5/1 起工
◎1906/6/30 進水
◎1908/3/14 引き渡される
◎ニュー・ヨークにて艤装
◎1908秋? ニュー・ヨーク海軍工廠にてオーヴァーホール
1912/7/7 ニューポートにて商船Commonwealthと衝突し損傷(12
◎1914/6下旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1917/2 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1919/6下旬 フィラデルフィアにてオーヴァーホール
◎1923/11/1 ワシントン軍縮条約にて解体のため売却
◎後にフィラデルフィアにて解体
◎Mexican Intervention, 1914. Convoy escort. C&TF 4/4,900.


Update 17/05/31