AL
空中投下式救命艇

※ALはAirbone Lifeboatの略で、艦種記号ではない。1947年7月26日に、陸軍から陸軍航空軍が空軍として独立。それに伴い、空軍に移管
排水量:1.49t 全長:8.22m 主機/軸数:2基 速力:6.95kt 航続力:約1,303浬 乗員:12名
※SB-17Gフライング・フォートレス SB-17G Flying Fortressに搭載され運ばれる
↑B-17Fフライング・フォートレス

↑A1 type Airborne Lifeboats laid up at Clark Field, Philippines in 1946. Referring to the above photo, the airborne lifeboat at Clark Field with number 419 became USAF A-1-419. In the plan the old AAF serial number was simply appended after the role and type designators – and went from A-1-3 up to A-1-449. The block A-1-501 through A-1-650 was not used. Image courtesy of U.S. Crash Boats.
Airborne Lifeboat (1944). British Pathé.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
1~650 ヒギンズ・インダストリーズ社 ◎1944 製造開始
◎1947 空軍に移管


Update 16/08/08