攻撃機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
グレン L. マーチン社(現ロッキード・マーチン社)製 初飛行:1944年8月24日(BTM) AMデータ=全幅:15.24m 全長:12.57m 全高:5.13m 翼面積:46.07u 空虚運用重量:6,920s 最大離陸重量:11,674s パワープラント:定格出力3,000hpのプラット&ホイットニー製R-4360ワスプ・メジャー星型ピストン・エンジン1基 最大速度:591q/h 初期上昇率:847m/min 実用上昇限度:9,300m 航続距離:2,900q 兵装:機関砲:T31 20o機関砲4門 無誘導弾薬:127oHVAR最大12発、Mk. 13航空魚雷1本等胴体1ヶ所と翼下14ヶ所のハードポイントに最大2,040sまでの各種搭載品 乗員:1名
※社内呼称モデル210。1946年にBTMはAMになる

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
AM-1 22257〜22856 ◎600機 BTM-1として発注、22296、22346〜22355はAM-1Qに改造。22356〜22856はキャンセル 22260は2008年現在、テキサス州MidlandのCommemorative Air Force museum(CAF)にあると報告するも(所有者であるフロリダ州ペンサコラの国立海軍航空機博物館によって選ばれるために)別の博物館に移動される予定。「Aircraft Illustrated」2009年号によると、この飛行機はメリーランド州Middle Riverのグレン L. マーチン航空博物館に行く予定。2009年4月にCAFから民間登録No. N5586A(c/n 13920)としてグレン L. マーチン航空博物館へ
22275はティラムック航空博物館に
AM-1、AM-1Q 33615〜33714(キャンセル) ◎100機
AM-1、AM-1Q 33821〜33870(キャンセル) ◎50機
XBTM-1 85161、85162 ◎2機
AM-1Q 122388〜122393 ◎6機
AM-1 122394〜122437 ◎44機 122397はフロリダ州ペンサコラの国立海軍航空機博物館に
122401は2008年現在、テキサス州MidlandのCommemorative Air Force museum(CAF)にあると報告するも(所有者であるフロリダ州ペンサコラの国立海軍航空機博物館によって選ばれるために)別の博物館に移動される予定。「Aircraft Illustrated」2009年5月号によると、この飛行機はメリーランド州Middle Riverのグレン L. マーチン航空博物館に行く予定
122403は2013年10月現在、カリフォルニア州ChinoのPlanes of Fameにて保管


Update 19/08/12