1100
1100型貨物船


積貨重量トン数:7,500t
※コンクリート製

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 造船所
記号
合衆国
船舶院
記号
建造所 引き渡された日 備考
パロ・アルト Palo Alto 1662 San Francisco SB Co. 1919 ◎1919 United States Shipping Boardに移管
◎現在はAptosにて釣り桟橋として放棄(12
ペラルタ Peralta 1663 San Francisco SB Co. 1921 ◎1921 United States Shipping Boardに移管
◎現在はBritish Columbia州Powell Riverにて防波堤として使用(123
1664 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
1665 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
1666 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
1667 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
1668 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
1669 San Francisco SB Co. ◎未着手のまま建造中止
ディンスモア Dinsmore 1707 Bentley & Sons, A. 1920 ◎1920 United States Shipping Boardに移管
◎1932/4 解体のため売却
モフィット Moffit 1708 Bentley & Sons, A. 1920 ◎1920 United States Shipping Boardに移管
◎後にニュー・オーリンズにて石油貯蔵庫となる
1709 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
1710 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
1711 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
1712 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
1713 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
1714 Bentley & Sons, A. ◎未着手のまま建造中止
レイサム Latham 2 1715 Ley & Co., Fred T. 1919 ◎1919 United States Shipping Boardに移管
◎後にニュー・オーリンズにて石油貯蔵庫となる
セルマ Selma 1716 Ley & Co., Fred T. 1919 ◎1919 United States Shipping Boardに移管
◎1922 ガルヴェストンにて放棄
1717 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
1718 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
1719 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
1720 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
1721 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
1722 Ley & Co., Fred T. ◎未着手のまま建造中止
クヤマカ Cuyamaca 31 1723 Pacific Marine Constr. 1920 ◎1921/6 United States Shipping Boardに移管
◎1926 解体
サン・パスクァル San Pasqual 32 1724 Pacific Marine Constr. 1920 ◎1921/7 United States Shipping Boardに移管
後に刑務所となる
◎現在はキューバにてホテルとなる
1725 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止
1726 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止
1727 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止
1728 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止
1729 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止
1730 Pacific Marine Constr. ◎未着手のまま建造中止


Update 17/01/04